動画制作は内製と外注どちらがおすすめ?双方のメリット・デメリットを知ろう!

公開日:2022/08/15


音声と映像で、一度に多くの情報を伝えられる動画。最近、自社のPRや商品・サービスの紹介で動画制作をする企業が増えています。これから動画制作をしたいと考えている企業も多いでしょう。しかし、動画制作を内製するか外注するか悩んではいませんか?この記事では、動画制作の内製と外注の双方のメリットとデメリットをご紹介します。

動画制作会社に外注依頼するメリット

まずは、動画制作会社に外注依頼をするメリットを見ていきましょう。

クオリティの高い動画ができる

動画制作会社に依頼する最大のメリットともいえるのが、クオリティの高い動画ができることです。動画制作会社にいる人は、動画制作のプロです。そのため、見る人を惹きつけるようなクオリティの高い動画を作ってくれます。また、自社PRや商品・サービスの紹介動画の場合、どうしたら見た人が会社や商品・サービスに興味を持ってくれるかどうかを考えて動画を製作してくれます。

動画ができるまでのスピードが速い

動画制作会社に依頼すると、動画が完成するまでのスピードが速いです。社内で素人が動画を製作しようとすると、編集作業に膨大な時間がかかってしまうでしょう。しかし動画制作会社は、動画制作のプロであることから動画制作時間も速いのです。

第三者からの目線でアイデアが生まれる

動画制作会社に外注依頼をすると、第三者からの目線で動画のアイデアが生まれる可能性があります。社内の人間は、どうしても会社での考え方が染み付いていて、動画も会社側からの視点になりがちです。しかし動画制作会社は第三者なので、社内では思いつかなかったようなアイデアが生まれることがあるのです。

動画制作に割く時間を本来の業務に使える

動画制作は、人と時間を必要とします。それを動画制作会社に外注依頼すれば、動画制作に割いていたであろう時間を本来の業務に使えるのです。本来の業務の効率もよくなるため、企業の生産性向上にもつながるでしょう。

動画制作会社に外注依頼するデメリット

次に、動画制作会社に外注依頼をするデメリットを見ていきましょう。

動画制作会社の選定が必要

動画制作を外注で依頼する場合、動画制作会社の選定をしなければなりません。動画制作会社によって、企業PRが得意な会社、CMを作るのが得意な会社、アニメーション動画が得意な会社など、特徴はさまざまです。そのため、自社に合った動画制作会社を選ばなければなりません。

動画制作会社に自社PRや商品・サービスのPRをしなければならない

動画制作を依頼する前に、動画制作会社に対して自社や商品・サービスの魅力を伝えなければなりません。動画で魅力を伝えるなら、動画の制作者も充分に魅力を理解していなければいけないからです。この動画制作会社へのPRに時間がかかることがあります。

動画制作会社とスケジュールを擦り合わせる必要がある

動画制作会社に外注依頼をするなら、スケジュールを擦り合わせなければいけません。動画制作会社は多くの案件を抱えているため、スケジュールが合わないとこちらが希望する納期に間に合わないことがあります。

動画を自社で製作するメリット

ここからは、動画を内製するメリットを見ていきましょう。

予算を大幅に削減できる

動画制作を自社で製作することで、予算を大幅に削減できます。動画制作会社に依頼をすると、クオリティの高い動画が作れる代わりにコストもかなりかかります。動画を自社で製作するときにかかるコストは、機材やソフトなどの経費のみです。

社内なのでコミュニケーションが取りやすい

動画制作を社内で行えば、動画を製作する人と依頼する人とのコミュニケーションが取りやすくなります。よりよい動画を製作するためには、依頼する人とされる人の相性もとても大切です。社内であれば、これまで培われてきた人間関係が土台としてあるため、動画制作にとっては大きなメリットです。

スケジュールの都合がつけやすい

動画を社内で製作すれば、スケジュールの都合がつけやすくなります。外注先とスケジュールを擦り合わせる時間も削減できるでしょう。

修正の手間やそれにともなう追加費用が削減できる

動画制作を社内ですると、修正依頼の手間や、修正のときに発生する追加費用が削減できます。動画制作を外注依頼すると、小さな修正でも時間をとって連絡をし、修正依頼をしなければいけません。契約内容によっては、追加費用が請求されることもあります。社内であれば、その手間が削減できるのです。

社外秘の情報が漏洩しにくくなる

製作する動画に社外秘の情報が含まれていた場合、外注するときは気密保持契約を結ぶことになります。しかし、情報漏洩のリスクはゼロではありません。それが社内で動画を製作するとなれば、社外秘の情報が動画制作によって外部に漏れる可能性が、格段に減ります。

社内に動画制作のノウハウができる

動画を社内で製作するのは、最初は時間がかかるかもしれません。しかし、繰り返していくうちに必ず自社のノウハウへと成長するはずです。動画制作は事業としても立派な実績となるため、企業にとってはプラスになるでしょう。

動画を自社で製作するデメリット

次に、動画を自社で製作するデメリットを見ていきましょう。

社員の本来の業務を圧迫する可能性がある

動画を社内で製作する場合、社員が作ることになります。すると、その社員が本来するべき業務を圧迫してしまう可能性があるのです。動画制作に時間をとられて本来の業務がおろそかになっては、元も子もありません。そのため、動画を社内で製作するなら、本来の業務と動画制作業務のバランスをうまくとることが大切です。

製作時間と動画のクオリティが割に合わない

社内で動画を製作する場合、動画制作の素人が動画を製作することになります。そのため、当然時間がかかります。時間をかけただけクオリティの高い動画ができるならよいですが、そうとは限りません。そのため、製作時間と動画のクオリティが割に合わないことがあるのです。

機材やソフトを準備しなければならない

動画制作を社内でするには、機材やソフトを準備しなければいけません。それなりの動画を作るには、それなりの機材やソフトが必要です。準備した機材やソフトにかかるコストと、製作できる動画のクオリティによっては、動画制作会社に依頼したほうが、コストパフォーマンスが高いケースもあります。

まとめ

動画制作会社への外注依頼と内製のメリットとデメリットをご紹介しました。外注と内製のどちらのほうがよいかは、企業によって異なります。動画に求めるクオリティや予算、そのほかに今回ご紹介したメリットとデメリットを理解したうえで、外注か内製か、自社に合うほうを選んでください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
動画制作関連コラム

【名古屋市】おすすめの動画制作会社ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名ムービングTAOキューティーブイエスネクストシネマレイ
特徴クライアントの要望に合わせ、売れるための戦略を提案してくれるターゲットを明確化し、企画をしっかりと考え抜いた上で制作を開始する映像の制作知識がなくてもスタッフが要望に付加価値を付けて提案してくれるクライアントのイメージどおりの動画・映像制作を実現してくれる未体験の感動を引き出すクリエイティブファクトリー
詳細リンク