動画制作と映像制作の違いとは?それぞれの違いを把握して使い分けよう

公開日:2022/04/15

映像制作

ソーシャルメディアが普及したり、インターネット環境が充実したりしたことで動画が日常生活に欠かせない存在になりつつあります。しかし、動画制作と映像制作の違いについてはよく分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、動画制作と映像制作の違いについて解説します。

「動画」と「映像」の違い

スマートフォンが普及しインターネット環境が整っている現代では、家の中でも外でも気軽に動画を視聴できるようになっています。毎日の通勤・通学の時間や帰宅後の時間にスマートフォンで動画を見るのが日課になっているという方も多いのではないでしょうか。

そして、動画を視聴する方が急増していることから、最近では企業が動画をマーケティングツールの一つとして活用していることも珍しくありません。しかし、動画と似た言葉に映像がありますが、動画と映像の違いについてはよく分からないという方も多いのではないでしょうか。

動画と映像は混同して使われがちな言葉ですが、言葉によってニュアンスの違いや印象の違いがあります。そこで、動画と映像の違いを理解し、企業のマーケティングにおいて、動画を制作したいのか、映像を制作したいのかを明確にしておくことが大切です。

そもそも、動画と映像という言葉には、国語的な意味や専門用語として明確な違いが定義されているわけではありません。しかし、動画と映像は異なるニュアンスを持っています。

まず、動画は動く画像という言葉通り、静止画ではないもの全般を指します。たとえば、スマートフォンで撮影したものや、パソコン上に表示される静止画ではないものは広く動画という言葉で表現されるようです。

一方、映像は作者の意図が反映されて制作されたもののことを指します。動いている画像という意味では動画と映像は同じですが、作者の意図を含んでいる作品に関しては映像と呼ばれることが多いのです。たとえば、作者が視聴者に対して感動を与えたいという意図を持ち、脚本や演出を考えて作り上げた作品には映像という言葉が使われます。

「動画制作」と「映像制作」の違い

動画と映像という言葉は、作者の意図の有無によって使い分けられることが多いでしょう。そして、動画制作と映像制作は動画と映像の言葉そのものの違いに加え、制作過程や情報量の多さによっても言葉が使い分けられています。

コンセプト

動画は撮影した映像そのものを情報として発信するのに対し、映像は作者の意図を反映させられるよう、プランに沿って撮影を行います。そのため、動画の場合の編集は時系列に沿って無駄な情報を省いたり、BGMを加えたりすることがメインです。一方、映像の場合はストーリーを構成する要素として高度な編集が施されています。

情報量

豊富な情報量を伝えたい場合は動画が最適です。なぜなら、映像は情報量をあえて少なくして価値観や世界観を共有します。そこで、たとえば企業の新商品の魅力を視聴者に伝えたいという場合には動画が適しているといえるでしょう。

完成度

映像は完成度が高い作品としてのクオリティが求められます。一方、動画の場合は必ずしも完成度の高いコンテンツが求められているわけではありません。近年では簡単に動画を編集できるソフトやアプリも普及しており、動画の配信経験のない方でもアップロードできます。

制作規模

動画にはコンテンツとしてのクオリティが求められていないことが多いため、制作規模も小さいまま制作できます。場合によっては自宅から出ることなく撮影・編集・アップロードが完了するでしょう。

一方、映像の場合はロケ地での撮影やスタジオ撮影がメインとなり、大勢のスタッフが関わります。また、制作期間も数か月~数年におよび、制作規模が大きいのが映像の特徴です。

コスト

映像は制作規模が大きくなることから、制作にかかるコストも高額になる傾向があります。海外での撮影や特殊な編集、メイクなどに加え、大勢の方の人件費などが加わると、億単位の制作費用になることもあります。一方、動画の場合は無料の編集ツールなどを活用すれば制作コストはほとんどかからないでしょう。

それぞれの違いを理解してマーケティングに活用しよう

動画を活用してマーケティング効果を発揮しようとする企業が増加している傾向にあります。しかし、映像と動画の違いを深く理解している企業は多くないでしょう。

映像と動画では制作にかかる手間やコンセプト、費用などさまざまな要素が異なります。そこで、自社のマーケティングでは何が必要か、誰をターゲットに訴求するのかを考え、映像と動画を選択するようにしましょう。

 

動画制作と映像栄作は制作にかかる費用や撮影のコンセプト、情報量の多さなどに違いがあります。動画を活用したマーケティングを検討している企業が増えつつありますが、まずは映像と動画の違いについて理解することが大切です。そして、自社の動画マーケティングでは何を目的としているのか、ターゲットは何かなどを明確にし、動画制作と映像制作のどちらが適しているかを慎重に検討するようにしましょう。

 

【名古屋市】おすすめの動画制作会社ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名ムービングTAOキューティーブイエスネクストシネマレイ
特徴クライアントの要望に合わせ、売れるための戦略を提案してくれるターゲットを明確化し、企画をしっかりと考え抜いた上で制作を開始する映像の制作知識がなくてもスタッフが要望に付加価値を付けて提案してくれるクライアントのイメージどおりの動画・映像制作を実現してくれる未体験の感動を引き出すクリエイティブファクトリー
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索